calendarcodediamondfacebookfingerglobalgoogleplushatenahomepagetopplainpocketrssservicetwitterwordpresshome2searchfolder

プリンを食パンにのせて焼いたプリントーストは本当にフレンチトーストっぽいよ

プリンを食パンにのせて焼いたプリントーストは本当にフレンチトーストっぽいよ

いつも食べてるプリンを食パンにのせてトースターで焼くだけで「超簡単フレンチトースト」になるって話題になっていたのでうちでもやってみました。

プリントーストを実際に作ってみてわかったこともあったので、作る際の注意点もメモ。

超簡単で本当に美味しいフレンチトーストみたいなプリントーストを作ってみました。

スポンサード リンク

プリンを食パンにのせて焼くだけ

このレシピ(レシピと言えるのかわかんないけど)で使う材料は、食パンとプリンのみ。プリンの材料に、卵、牛乳、砂糖などが入っているので、なるほどなって感じです。

プリントースト1

食パンにプリンをドーンとのせて広げます。何回か作ってみてわかったのは、この時できるだけまんべんなく隅の方まで均等にのせていくのがポイント。端の方までプリンをのせていないとパンの耳の方から焦げちゃいます。

焼くとプリンが溶けるので、オーブントースターに入れる時はアルミホイルを敷いてね。これも必須です。

4分くらい焼いた状態がこちら。

プリントースト2

プリンはなんとなく溶けてきていますが、まだプリンの塊が見えるので、もうちょっと焼いてみます。

プリンが熱で溶け出してきました。でもまだ固形物が見えるし、パンにプリンが染みていないようなのでまだ焼きます。

プリントースト3

うわーっ!!プリンが完全に溶けてます!
アルミホイルを敷いていなかったら…!?

プリントースト4

トースターから取り出しました。
プリンも染みてるっぽいですね。牛乳の膜みたいなのもできてます。

プリントースト5

プリン液も一緒にお皿に移してっと。
見た目はトロトロのフレンチトーストです。茶色の部分は焦げているのではなく、カラメルソースの色です。

プリントースト6

ナイフでカットした断面を見てみると…

おー!ちゃんと中心までしっかりプリンが染み込んでいます。

プリントースト7

肝心のお味は、ちゃーんとフレンチトースト!

フレンチトーストでいうところの卵液がプリンなので、ちょっといつものフレンチトーストよりも甘さが強い感じはしました。でも美味しかったですよ!

プリントーストを作る時の注意点

作る工程を見てわかったと思いますが、オーブントースターで焼くときには必ずアルミホイルを敷くこと!

アルミホイルを敷かずに焼いてしまうと…!ああ、考えただけでも恐ろしいー

焼き時間は8~9分くらいかな。のせるプリンの量や、オーブントースターの種類によっても変わるので、様子を見ながら焼くのが一番です。

この作り方だとバットもフライパンも使わないので、その分洗い物も減るからいいですよね。

超簡単でおいしいフレンチトーストができるので、ぜひ試してみてね!

(2016/02/27作成)

スポンサード リンク

※掲載している内容は記事公開時点、または取材時点のものです。変更になっている場合もありますので、お店に行かれたりお取り寄せをされたりする際は最新情報を事前にご確認ください。また、商品に関するお問い合わせはお店にお願いいたします。

※無断引用・転載は禁止しております。NAVERまとめへの転載も禁止です。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)及び損害賠償請求を行います。

キーワードから探す

コメントをどうぞ

コメントする