calendarcodediamondfacebookfingerglobalgoogleplushatenahomepagetopplainpocketrssservicetwitterwordpresshome2searchfolder

丸永製菓「和の白くま 苺」で、いちごアイスと小豆の不思議なマリアージュを楽しんでみる?

丸永製菓「和の白くま 苺」で、いちごアイスと小豆の不思議なマリアージュを楽しんでみる?

きなこ、抹茶、そして苺。秋冬限定、丸永製菓の「和の白くま」の3種のフレーバーを食べてみました。

きなこ、抹茶の白熊アイスは「和」だってことに何の疑問も抱かなかったのですが、この「和の白くま苺」だけは、ちょっとした違和感が…

それでもなぜかまた食べたくなる!?
丸永製菓「和の白くま 苺(いちご)」の実食レビューです。

スポンサード リンク

「和の白くま 苺」

2016年9月12日に丸永製菓から発売された秋冬限定のアイス「和の白くま」には、きなこ、抹茶、苺の3種類のフレーバーがあります。

和の白くま

きなこ、抹茶の食レポは、こちらをご覧いただけると…♪

で、今回いただくのは、ピンク色のパッケージが印象的な「和の白くま 苺」

和の白くま・苺1

種類別はラクトアイス。

いちご果汁が9.0%入っています。イチゴ果汁、結構入ってますね。

和の白くま・苺2

原材料は、糖類(異性化液糖、砂糖、水飴)、いちご果汁、乳製品、もち菓子、いちごソース、練乳ソース、植物油脂、小豆甘納豆など。

和の白くま・苺3

「和の白くま苺」の内容量は150ml。

1個あたりのエネルギーは161kcalです。

「和の白くま 苺」を食べてみます

和の白くま・苺4

和の白くま苺(いちご)は、苺アイスと練乳氷、粒もち・小豆甘納豆入り。

和の白くま・苺5

フタを開けると…
中央にはピンク色のいちごソフトのような渦巻状のいちごアイスに、イチゴソースと練乳ソース。

和の白くま・苺6

そしてその脇には、きなこや抹茶のときと同様、紅白の粒餅と小豆の甘納豆がトッピングされています。

抹茶アイスやきなこアイスと小豆甘納豆のマリアージュは想像しやすかったし、まったくもって違和感など微塵も感じることはありませんでしたが、いちごアイスと甘納豆ってどうなの??

まずはイチゴソースと練乳ソースがかかったいちごアイスから…

和の白くま・苺7

うん、間違いなく美味しいですね。

いちご果汁が9%入ってるということで、もうちょっと濃厚なイチゴ感を期待していましたが、ラクトアイスでミルク感が少ない分、あっさりとしたテイストに仕上がっている印象。

いちごアイスを練乳氷と一緒に食べてみると…

和の白くま・苺8

練乳氷の甘さが加わって、さらに美味しいいちごアイスが楽しめますね。なんだか懐かしい味…

気になっていた、いちごアイスと小豆甘納豆の相性ですが、うーん…

別々に食べたい…な。

「和の白くま」ってことで、3種類すべてのフレーバーに粒餅と小豆甘納豆を入れていますが、甘納豆はいちごアイスにはちょっと合わなかったかも。

いや、まったく合わないってわけじゃあないんですけど、ちょっと無理矢理感が否めませんよね。

甘納豆の代わりに違う何かを…と考えたけど、すぐには思いつかないー

苺アイスと甘納豆のマリアージュ、楽しんでみたい方はぜひ一度食べてみて!

和の白くま・苺9

和の白くま苺のいちごアイスも、きなこアイスや抹茶アイス同様、カップの底までぎっしりたーっぷり入っていました。

「和の白くま苺」は、パッケージに書いてあるとおり、「苺アイスと練乳氷」でした。

「和の白くま・苺」の価格、購入方法は

和の白くま・苺10

丸永製菓の「和の白くま 苺」は、全国のスーパーなどで購入可能。希望小売価格は1個160円(税込)。

私はスーパーで1個108円で購入。セールだったのでラッキーだった♪

和の白くまは秋冬限定販売のアイスです。気になったら早めにお近くのスーパーのアイスクリーム売り場をチェックしてみてね!

 丸永製菓「和の白くま」をお取り寄せ!

丸永製菓の商品情報

 丸永製菓株式会社

(2016/09/25作成)

スポンサード リンク

※掲載している内容は記事公開時点、または取材時点のものです。変更になっている場合もありますので、お店に行かれたりお取り寄せをされたりする際は最新情報を事前にご確認ください。また、商品に関するお問い合わせはお店にお願いいたします。

※無断引用・転載は禁止しております。NAVERまとめへの転載も禁止です。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)及び損害賠償請求を行います。

記事に関するキーワード

コメントをどうぞ

コメントする