calendarcodediamondfacebookfingerglobalgoogleplushatenahomepagetopplainpocketrssservicetwitterwordpresshome2searchfolder

[北海道土産]マロンコロンを知ってるかい?分厚いサブレの美味しい秘密

[北海道土産]マロンコロンを知ってるかい?分厚いサブレの美味しい秘密

ザクザク感がたまらない3枚重ねの北海道・小樽サブレ「マロンコロン」

丸いサブレの分厚さにびっくりするけど、ひとくち食べればマロンコロンの虜になること間違いなし!

北海道土産にもおすすめの、あまとう「マロンコロン」の実食レビューです。

スポンサード リンク

北海道・小樽の老舗洋菓子店あまとう

昭和4年(1929年)創業、小樽の洋菓子店あまとう。店名が『あまとう』だなんて、甘党にはたまらないネーミングですよね。

小樽の『あまとう』に行ったらまず食べたいのが「クリームぜんざい」。生クリームたっぷりのソフトクリームと北海道十勝産小豆のあんこ、そして白玉でなくて求肥が入った、とってもシンプルなデザート。

クリームぜんざいは、カップに入ったおみやげ用もあります。地方発送もこれならOK。でもやっぱり店内で食べるクリームぜんざいが一番。初めて食べた時はあまりの美味しさに感動した!

あまとうでお土産に買って帰るのが「マロンコロン」。ひとくちで言えば丸いサブレなんだけど、無性に食べたくなることがあるので、その都度お取り寄せしてるのです。

マロンコロン1

マロンコロンをお取り寄せ!

マロンコロンの4個入りをお取り寄せ。マロンコロンにはいろんなフレーバーがあるのですが、4コセットの内容は、カカオ、ウォナッツ、チーズ、アーモンドの4種類が各1個ずつ。

マロンコロン2

包みを開けるとこんな感じ。
昭和35年から販売されているマロンコロン。包装は変化しているのかもしれませんが、レトロな感じの包みがそそります。

マロンコロン3

中身はこちら!丸い形のサブレです。
カカオ(チョコ)以外はサブレが同じ色なので、包みから出してしまうとどのフレーバーかわからなくなってしまいます。まわりをコーティングしているチョコレートで見分けることもできますが、それでもチーズとウォナッツの見分けは難しいかも。

ちなみに手前から、アーモンド、ウォナッツ、カカオ、チーズ。ウォナッツってWalnut(クルミ)のことだけど、表記がウォルナッツじゃないんですよね。ずっとウォルナッツと思ってた。

マロンコロン4

かなり分厚いでしょ。
かぶりつくとザクっとした食感ですごーく美味しいんです。

手で割ろうとしても分厚いので綺麗には割れません。ボロボロになってしまいます。ナイフで半分にカットすると、このサブレの厚さと美味しさの秘密がわかります。

ほら、よく見ると厚みのあるサブレがさらに3枚重ねになってるんです。そしてまわりをチョコレートでコーティング。だから食べ応えもあるのです。

マロンコロン5

サクッというよりもザクッていう音のほうがマロンコロンっぽいかな。まわりのチョコレートの甘さとサブレの甘さが重なって、結構な甘さが口いっぱいに広がります。

でもこれ、やめられないんですよね。
時間が経ったらまた食べたくなる…。ちなみに私はウォナッツに一番ハマってます。

サブレ3枚重ねのボリューミーな「マロンコロン」

日持ちもするので、北海道みやげとしてもおすすめです。

マロンコロンのお取り寄せ・購入方法

マロンコロンは小樽のあまとう本店のほか、あまとう小樽運河店(北海道小樽市色内1-1-12)、札幌大通り店(札幌市中央区大通西3 大通ビッセ1F)、札幌駅、新千歳空港などでも購入できます。販売店舗について詳しくは、洋菓子・喫茶の小樽あまとうをご確認ください。

また、ネット通販でも購入可能なので、北海道に行く機会のない方や、久々に食べてみたい方はぜひ。

 あまとう「マロンコロン」をお取り寄せ!

あまとうのお店情報

 あまとう本店
 北海道小樽市稲穂2丁目16-3
 0134-22-3942
 10:00~19:00
 毎週木曜日(不定休)
 洋菓子・喫茶の小樽あまとう

(2016/02/29作成)

スポンサード リンク

※掲載している内容は記事公開時点、または取材時点のものです。変更になっている場合もありますので、お店に行かれたりお取り寄せをされたりする際は最新情報を事前にご確認ください。また、商品に関するお問い合わせはお店にお願いいたします。

※無断引用・転載は禁止しております。NAVERまとめへの転載も禁止です。当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)及び損害賠償請求を行います。

記事に関するキーワード

コメントをどうぞ

コメントする